iPhone修理店はネットで探すのが得策!

壊れてもすぐに直せる~iPhone修理の注意点をチェックしよう~

ネット上でも修理依頼ができる

iPhone修理を依頼する際、インターネットでも依頼をすることができます。インターネットで検索をかける際にiPhone修理と入力すると、ネット上にはたくさんのサイトがヒットします。口コミなどを参考に選ぶようにしましょう。

正規店と非正規店の特徴を徹底比較

iPhone修理正規店とは

正規店とは、Apple正式プロバイダーのことを指しています。日本では、アップルストアやその修理提携店に当たるApple正規サービスプロバイダーのことです。機種や破損の状態によって値段が変わってきます。

iPhone修理非正規店とは

非正規店とは、Apple非公認またはご自身や知人などが修理を行う事を言います。修理代も非正規店のほうが安く、10,000円ほどで修理を行うことができます。評判が良いお店はSNSで紹介されているケースが多いです。

iPhone修理店はネットで探すのが得策!

スマートフォン

エリア別で修理店を探せるサイトが人気

どんなに良いお店でも、地方までなかなか足を運んで修理に出すという事は難しいかと思います。そのような時、エリア別で修理店を探せるサイトが今人気です。自分が住んでいる地域、機種や破損個所など大まかな事を入力し検索すると、近くで評判の良いお店がヒットするので、すぐ修理に出すことができるのです。特に忙しい方には便利なサイトでしょう。

修理費用の相場よりも高い業者には注意

今、iPhone修理を狙った悪徳業者が増えています。こういったケースは主に非正規店で起こっているのです。iPhone修理は、高くても平均15,000円です。しかし、その相場を大きく上回った金額を請求されるケースが後を絶ちません。ひどいケースはわざと傷をつけてその修理代を請求するというケースもあります。

口コミや評価などを見てから業者を決めるのが吉

iPhone修理の悪徳業者に当たらないためにも、まずはインターネットでお店の口コミを調べましょう。利用した人の口コミや評価が良く、修理代も良心的なお店なら尚いいでしょう。iPhone修理に出したことがある知人の口コミも参考になります。お店の雰囲気やスタッフさんの対応、修理代金など詳しく聞くようにしましょう。

iPhone修理を依頼する前に確認すべきポイント5つ

ツイッターやフェイスブックのパスワードやIDをメモしましょう

ツイッターやフェイスブックなどSNSを利用している人で、自身のパスワードやIDを記憶しておらず、修理後に起動するとIDもパスワードも忘れて入れなくなったというケースがあります。修理前にはパスワードやIDをしっかり確認しましょう。

バックアップを取りましょう

iphoneが修理から返ってくる際、初期設定の状態になります。大切なデータをバックアップしておかないと、修理から返ってきた際にデータが消えていたというアクシデントに見舞われることがあります。必ず、データはバックアップするようにしましょう。

「iphoneを探す」をオフにしましょう

iphone修理に出すときは、「iphoneを探す」をオフにしましょう。この機能をオンにしますとアクティベーションロックがオンになり、修理に出す際ロックがかかり解除できなくなってしまうので、それを防ぐためにオフにしましょう。

iphoneをリセットしましょう

大切なデータを見られたくない、そんな人はバックアップ後、iphoneをリセットするといいでしょう。リセットすると初期設定の頃の状態になるので、大切なデータや普段使用しているサイトなどの個人情報を見られる心配もありません。

データカードを抜いておきましょう

SIMカードはあらかじめ修理の前には抜くようにしましょう。修理中に破損や紛失となった場合、このカードは修理に出して修復という事は出来ません。修理前にはSIMカードをしっかり抜きとったか確認をしましょう。

広告募集中